住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング

住宅メーカーへの転職を考えてるかた必見!

マイホームをもつ事は一生の中でも大きなイベントであり、ビジネスマンにとっては夢でもあります。その夢を叶える住宅メーカーの仕事は大変やりがいのあるものです。

ですが、転職は住宅メーカーへの簡単ではありません。競争率も高く、転職の準備も入念にしておく必要があります。そんな時大変便利なのが転職サイト。リクルートエージェントなら、キャリアコンサルタントがしっかりサポートしてくれますので、転職の不安も少なく、充実した転職活動が可能になりますよ。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
言わずと知れた大手転職エージェント。同じ大手だからこそ住宅メーカーとの信頼関係が強い。
多くの住宅メーカーの新卒採用サポートを行っているからこそ、転職案件にも有利。
■求人規模も紹介実績なども転職エージェントでは国内ナンバーワンの実力。
■歴史が長く転職サポートのノウハウを把握しているから、キャリコンサルタントの安定感が抜群。
離職率の高い住宅メーカーだからこそ、交渉力の強い老舗のエージェントがオススメ。
待遇面が良い住宅メーカーの中でも選りすぐりの求人が非公開求人として豊富に存在している。
■海外進出も多い住宅メーカーだからこそ、海外事業所向けのグローバル求人も多い。
■求人数も多く大手にも強い。何よりも実績が高い総合型だからこそ、登録しておきたいエージェント。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
新卒者や未経験者に強いエージェントだから住宅メーカー未経験者でも転職成功率が高い。
■転職エージェントの中でもキャリコンサルタントの質はNO.1。的確なアドバイスが期待出来る。
■扱っている職種は豊富ですが、住宅メーカーの営業職や事務職などの総合職なら断然オススメ。
■事業展開領域が広いため、総合力に優れたエージェントだからこその信頼関係を築けている。
■首都圏を含め、関西圏などの求人が豊富だから、大手の本社があるエリアに強みを持っている。
驚きの書類通過率は業界でも有名。書類選考対策としても登録の価値あり。
利用者の満足を第一として運営しているため、とにかくサポートの親切度が高い。
■営業職や技術職の違いによるアプローチの違った転職支援を行ってくれる。


type 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉
【当サイトがお勧めするポイント】
関東圏の転職求人に強いtypeだから、大手住宅メーカーを狙うならここがオススメ。
■業界ごとのキャリコンサルタントが在籍しているから、住宅関連の転職サポートにも定評がある。
■住宅業界特有のステップ数の多い応募から内定までのサポートも無料でしっかりサポート。
技術職には嬉しい将来のキャリアプランの作成に定評がある転職エージェント。
転職エージェントの中でもメーカー系の転職に強いエージェント。住宅メーカー転職も安心。
■求人数の多さは常時25000件。業界では中位の求人数ではあるものの質の高さではトップ。
■女性の転職に強みを持っているエージェント。女性で住宅メーカーに転職したい方にもオススメ。
■問題解決能力に着目したベストな転職サポートを売りにしている転職エージェント。


DODA 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
求人数、取り扱いエリア、実績、サポート力など、総合力では国内トップクラス
利用者の多くが30代以上であるため、企業のキャリア採用には特に強さを発揮している。
研修制度の充実度は業界屈指。未経験者でも新しい業界にチャレンジ出来ると評判。
■求人数は業界トップクラスの常時5万件以上。住宅メーカー関連職種も豊富に揃っている。
■160箇所以上の拠点を持っていることから、全国どこでも住宅メーカー求人にチャレンジ出来る。
■大手に入職したいならDODAというくらい、ユーザーやインターネットの口コミなどで評判。
■企業別のアピール方法など細かな転職対策を講じてくれる。不安を解消してくれるから緊張しない。
待遇面、社風、実際の職場環境、キャリアパスの可能性など、とにかく情報量が豊富。


キャリコネ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
大手企業の年収や評判、口コミ情報などコンテンツとして細かく紹介しているエージェント。
■実際に入社している、もしくは働いていた方からの情報を元に情報を提供しているから信頼度が高い。
月給や年収だけでなく、実際に残業代なども含め支払われた給与情報を知ることが出来る。
■幹部候補求人を中心に、ハイクラス求人が豊富で扱っている案件も大手住宅メーカーが多い。
■企業に関するアンケートに答えるだけというユニークな登録方法も話題になっているエージェント。
大手住宅メーカーの人事制度や自身のキャリアに役立つコンテンツがめじろ押し。
■一般サービスと転職サービス、社会人と学生とで登録方法が違い、受けられるサポートも違っている。
住宅メーカーの裏事情の口コミを見れますから、実際の職場環境を把握することが出来る。


住宅メーカーの求人は多いのか?

住宅メーカーの求人は多いのかと質問されたら、多いという答えになります。その理由は、ハウスメーカーの営業職の離職率は高いと言われていますし、住宅メーカーと一口に言っても営業・施工・事務など様々な業務があるからです。また、ショールームやモデルルームの受付・インテリアコーディネートなども含めると、全国的に求人情報が多くある業種と言えます。

住宅メーカーの求人が多いと言われる最大の理由になっている営業職の離職率が、なぜこれほど高いのかというと様々な理由が考えられます。成績が求められる仕事なので、上司や同僚との人間関係が上手くいかなくて退職するケースがあります。また、一般事務と比較して営業職の労働時間は平均的に長くて激務な割には給料が安いというのも理由としてあります。営業職ということでお客様の都合に合わせたり、ポスティングやチラシ作成など集客の準備をしたりするため、どうしてもサービス残業が増え休日出勤する必要が発生してしまいます。給料が安いと感じてしまうのは、固定給が安く歩合給が高いという営業職の給与体系が影響しているのです。それから、営業の仕事を苦痛に感じてしまうという理由もあるのです。営業成績が順調であればモチベーションが維持できて楽しく感じられますが、逆のパターンではモチベーションが続かず仕事をしていても楽しくなくなってしまいます。その他にも離職してしまう理由はいろいろとあるようです。

このような現状にある住宅メーカーなので求人は多いですから、住宅メーカーに転職を希望してい方にとってはチャンスと考えることができます。住宅メーカーに転職を希望するのなら、求人する住宅メーカー側としてどのような人材を求めているのか知っておくと役立ちます。住宅を購入する顧客にとって人生最大の買い物になると考えられるので、住宅メーカーとしては顧客から信頼される人材が求められます。顧客の視点に立って法律などの決まりごとを守って、設計からローンまで適切にコンサルティングできる人材を必要としているのです。つまり、知識や経験よりも人間力を重視するので、未経験でも関係なく積極的にチャレンジできるのです。

ただ、住宅メーカーの求人が多いのは営業職の離職率が高いからという点を忘れないことも大切です。転職してすぐに辞めてしまうことがないように、転職する場合には住宅メーカーから出されている求人情報の内容だけでなく、内部事情など細かな点まで調べることも必要です。

住宅メーカーの転職成功の心得は?

住宅メーカーとは、住居を扱う仕事です。主に家屋やマンションなどを扱い、販売を行います。場合によっては買い取りを行ったり、斡旋を行ったりすることもあるでしょう。このように、人が生きるに当たって大事な住居を扱う仕事ですから、仕事が無くなることも少なく、安定した職業の一つと言うことが出来ます。しかし、それだけに転職するに当たってはスキルや適性など難しい問題があります。住宅メーカーに転職するために必要なものとは何でしょうか。

一つ目には学歴が求められます。住宅メーカーは家という高額の商品に携わる仕事です。そのため、社会的信用も含めて大卒以上であることを条件にした求人が多く見られます。そして、同時に家というものについての深い知識や、業界についての知識も必要です。住宅メーカーは大手と言われる企業が競合しており、小規模の企業は存在しません。数の少ない企業の中で互いを出し抜くには、業界についての知識を事前に身に着けていることが求められます。技術については最初から求められることが少なく、入社後に研修を行うことが多いです。まずは住宅業界での働き方を事前にイメージできるようにしておくと、転職してからが働きやすくなります。

住宅メーカーで働くに当たって、二つ目に求められるのは、人と話すためのスキルです。営業力と言い換えることも出来ます。客となる相手は、自分の家を持とうとしている人であり、多くの希望・要望を持っている人ですから、それを聞き取り形にすることが出来なければ信用を失ってしまいます。必要なのは、相手の望んでいることを聞き取る能力です。住宅メーカーの仕事においては、人の生活に関わることになります。そのため、人と接する能力が求められるのです。先ほどは学歴が求められると書きましたが、大卒より上の学歴が求められることは多くありません。最終的にはどのような大学に行ったかではなく、そこでどのように過ごしたかが求められます。

住宅メーカーで実際の仕事を行うに当たっては、不動産や建築に関する資格を求められます。しかし、これらは会社に入ってから取得の時間を取ってもらえることが多いです。面接で持っていれば有利に働きますが、持っていないと不利になるようなものではありません。それよりも、住宅メーカーという業界を理解し、家に関わることが求められます。未経験者であっても、経験者であっても大きく門戸が開かれている業界と言えるでしょう。

TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.