住宅メーカーは残業が多い?

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーのFAQ >> 住宅メーカーは残業が多い?

住宅メーカーは残業が多い?

住宅メーカーの仕事は基本的に残業があります。特に営業の部門は忙しいというイメージが強いです。平日は打ち合わせや準備がありますし、休日は顧客と契約の話を進めていかなければなりません。それから達成しなければならない契約のノルマもあるので、それが終わるまでは休んでいられないというのが現状でしょう。

しかし営業というのはどこの業界でもある程度そういった流れになるので、住宅メーカーだけ特に残業が多いというイメージは持たない方がいいでしょう。営業であっても住宅メーカーの職場には変わらないわけなので、忙しそうなイメージというだけで転職を諦めるのはもったいないです。

実際にどれくらいの残業になるかはその住宅メーカーによって変わります。休日が取りづらくなるかわりに、残業を減らすようにしている住宅メーカーもあるかもしれません。また割り振られた業務をスムーズにこなすことができれば、そもそも多くの残業をする必要がなくなる可能性もあります。そのため、転職先での残業が気になる場合は、転職先の労働システムと自分の営業スキルに対する自信をよく考えてみるといいでしょう。

住宅メーカーで最も残業が少ない可能性が高いのは事務の部門です。事務の部門だからといって年がら年中暇というわけではありませんが、状況によっては残業しなくてもいい時が出てくることがあります。それは他の部門から依頼される仕事があまりない時です。事務の仕事量は営業部門が取ってきた契約や、設計部門の依頼などの量で決まりますが、その量が少なければ、残業せずとも仕事を終えられる可能性が高くなります。

特に月末に経理業務で忙しくなる総務の部門の場合、月末が大変なかわりに月末になるまでは比較的仕事が少なくて済みます。またモデルハウスの事務の場合、モデルハウスの営業時間でしか働くことができないので、残業がほぼありません。ただし、モデルハウスの事務は住宅メーカーの正社員ではなく、アルバイトやパートに任せることが多いです。いずれも残業が少ない住宅メーカーの仕事は女性中心の職場であることがわかります。

大手の住宅メーカーの場合、ノー残業デーを設けていることがあります。ノー残業デーというのは1週間に1日だけ残業しない日を決めるもので、社員の残業時間が多くなりすぎないようにするために役立ちます。しかし、無理やり残業をしなかったとしても、仕事が手付かずのままでは結局後が大変なので、残業がなければそれでいいというわけでもないのです。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.