住宅メーカーの転職と学歴の関係は?

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーのFAQ >> 住宅メーカーの転職と学歴の関係は?

住宅メーカーの転職と学歴の関係は?

住宅メーカーの転職に学歴が関係するのかというと、部門によって異なります。たとえば、営業の部門の場合、学歴を不問にしていることも珍しくありません。これは中小規模の住宅メーカーだけでなく、大手の会社でも当てはまることです。

昔は「大卒」という学歴が必須でしたし、今も大卒の人材を求める住宅メーカーも一部ありますが、それでは人材を集めにくいデメリットがあります。なぜ人材を集めにくいかというと、住宅メーカーの営業は他の業界と比べてハードルが高く、離職者が多いからです。どのようにハードルが高いかというと、土日に休めなかったり、ノルマを達成しなければならなかったりすることが代表的ですが、大卒という学歴に絞ると、こういった労働環境に耐えられる人が見つけづらくなるということです。

住宅メーカーの目線ではもちろん学歴が高いにこしたことはないのですが、たとえ学歴がなかったとしても、営業のスキルが高ければ積極的に採用したいはずです。というのも、営業は契約が取れるかどうかが一番重要なのであって、学歴そのものが業績に関係してくるわけではないからです。ただ営業経験があればその経験を新たな職場で生かすことができるので、その場合は住宅メーカーの転職に有利にはたらく可能性が大きいです。

営業の部門以外の話ですが、たとえば技術職の場合、まだまだ採用に学歴が影響しています。技術職というのは家造りに欠かせない施工・設計を行う人のことです。技術職は営業などとは違い、何の経験もスキルもない人がいきなり始めるのは難しいものなので、やる気だけではどうにもならないことがあります。

技術職の部門はその住宅メーカーの要といえます。少しでもその部門でミスがあれば、顧客がクレームをつけますし、業界での評判を下げることになります。そういった部門で働く人材を選ぶとすれば、やはりすでに何らかの実績を持っている人でなくては住宅メーカーからすれば困るわけです。

技術職の部門に転職するにはどのような実績が必要かというと、たとえば専門学校を卒業したかどうか、その業務と関連性の高い資格を持っているかどうかが基準となります。しかし、転職後は実力主義の世界となるので、学歴や資格が優れているだけで確実に出世できるわけではありません。そのため、営業や技術職だけに限らない話ですが、転職後に配属された部門で力を発揮できるかどうかが住宅メーカーの業界で一番大切なことなのです。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国




TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2018 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.