住宅メーカーのボーナス事情は?

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーのFAQ >> 住宅メーカーのボーナス事情は?

住宅メーカーのボーナス事情は?

住宅メーカーのボーナスは他の業界と比べて多くもらえるようになっています。住宅メーカーは給与面での待遇が全体的に優れているので、ボーナスもその分、もらえるわけです。しかも営業の部門の場合は仕事の成果の分だけボーナスが増える特徴があります。住宅メーカーの営業も他の業界の営業と変わらず、契約を取ることが仕事なわけですが、その契約をどれくらい取れるかで成果が上下します。

では営業の部門に転職すれば収入面は安心かというと、それほど単純な話ではありません。収入がいいということはそれだけの成果を要求されるということであり、成果が出せなければ待遇はどんどん落ちていきます。営業に行くモデルハウスを変更させられたり、それでも成果があげられなければ、お客さんと直接コミュニケーションを取ることすら許されなくなります。そのような状況では多くのボーナスをもらえるはずもありません。

営業で順調に契約が取れない場合、ノルマ達成のプレッシャーが重くのしかかります。人によってはそれを苦にして離職することもあります。別の企業に転職したとしても、営業の部門であるかぎり同じことです。そのため、営業で多くのボーナスをもらうには営業そのもののスキルはもちろんのこと、精神的な強さもなくてはなりません。

このように営業は実力主義の世界なので、あまり社員の学歴は関係ありません。学歴が高くなかったとしても、契約のノルマさえ達成することができれば、企業としてはボーナスなどの待遇面をどんどん上げていかざるを得なくなります。逆にどれだけ学歴が高かったとしても、契約が取れないにもかかわらず、昇給・昇進することはありません。

勤続年数が長ければ長いほどボーナスの金額は相当高いものになっていくはずです。というのも、人材の入れ替わりが激しい住宅メーカーの業界では、勤続年数が長い人材というのはかなり貴重だからです。新卒であっても、中途入社であっても、5年、10年同じ職場で働き続けられるケースは一部だけです。そのため、まだ20代であるにもかかわらず、他の業界では30代、40代がもらうような金額のボーナスをもらっているケースもあります。

営業部門以外では程度こそ落ち着きますが、実力主義の世界に違いはありません。そのため、仕事での成果がそのままボーナスの額に直結します。しかし、事務職の場合は例外となり、ボーナスの額が大きく上下することはあまりありません。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.