住宅メーカーの求人倍率は?

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーのFAQ >> 住宅メーカーの求人倍率は?

住宅メーカーの求人倍率は?

住宅メーカー業界の求人倍率は基本的に他の業界と比べて高い特徴があります。求人倍率が高いということは求人が応募者と比べてたくさんあるということなので、これから転職しようとする人にとってはとてもいいことです。しかし、なぜ求人倍率が高くなっているか、その理由をちゃんと理解しておかなければ、今後の業界の動向を読みにくくなるので、できるだけ理解しておくようにしましょう。

住宅メーカー業界の求人倍率が高い主な理由には離職者が多く、人材の入れ替わりが激しいことがあげられます。退職する人が出ると、その人に割り当てられていた業務をこなせなくなるので、企業はその欠員を補充するために求人を出します。すると住宅メーカー業界全体の求人数が増え、求人倍率が高くなるというわけです。

大手の住宅メーカーは新卒採用で多くの人材をとりますが、その人材の多くが何年も同じ企業に残り続けることはほとんどありません。普通は1〜3年もすれば大半の人材はやめてしまいます。これは新卒が悪いわけではなく、中途採用でも同様のことです。中途採用される人材の多くは住宅メーカー関連業界で働いたことのある即戦力ですが、それでも新卒と同様に1〜3年でやめてしまう人が多いのです。

以上のことから、実をいうと、住宅メーカーへの転職自体はそう難しいことではありません。というのも、求人倍率が高ければ、自分が採用されそうな求人を見つけるのも簡単だからです。そのため、重要なのは転職できるかどうかではなく、転職後、「いかに長く働き続けるか」ということになります。同じ職場で長く働いた方が収入が安定しますし、昇給や昇進への道が開けます。もちろん本当に嫌なのにもかかわらず働き続けるのはよくありませんが、離職者が多い現実を見れば、簡単にやめる覚悟で住宅メーカーに転職してはならないこともわかるでしょう。

離職者が多い原因としては残業が多かったり、土日に休めなかったり、ノルマを達成しなければならなかったりすることが代表的なものにあげられます。特にこれは営業部門で顕著なことなので、営業部門への転職を考える人は注意が必要です。営業部門以外の部門であれば上記の原因を回避することもできます。

また離職者が多い少ないにかかわらず、国内情勢によっても求人倍率は変化します。たとえば地震などの災害が起これば倒壊した住居を建て直すことになりますし、倒壊しなかったとしても、災害に強い建築になっているかどうかへの意識が出てくるので、住宅メーカーの仕事が増え、それにともない求人も増えます。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.