住宅メーカーで年収1000万円は可能?

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーのFAQ >> 住宅メーカーで年収1000万円は可能?

住宅メーカーで年収1000万円は可能?

住宅メーカーで年収1000万円が可能かどうかというと、結論からいえば「可能」となります。なにしろ住宅メーカーは業界全体で待遇が優れていることが知られているからです。業界全体の平均年収は700万円〜800万円あたりなので、順調に昇進・昇給すれば、それほど時間をかけずとも、年収1000万円に手が届くといえます。ただし、700万円〜800万円というのはあくまで業界全体の話であり、住宅メーカーの部門ごとの話ではありません。そのため、年収1000万円を目指すならどこの部門に配属されるのがいいのかを調べておく必要があります。

たとえば、特に待遇がいいことで知られている部門には「営業」があげられます。住宅メーカーの営業部門はあらゆる業界の中でも特に収入がよくなりやすいです。それはなぜかというと、住宅メーカーの営業は「家」という巨大なものの契約を取ることになるからです。そのため、ひとつ契約を取るだけで住宅メーカーは多くの収入を得ることになり、それだけの仕事をした営業社員に対して多くの給与によってお返しするわけです。

しかしメリットとデメリットは表裏一体です。価格の大きい家を売るには相当の営業スキル・運が必要になります。なかなか契約が取れないと激務が続く上に精神的なプレッシャーがかかることになり、収入をよくするどころの話ではなくなります。

住宅メーカーの営業ノルマの数はそのメーカーが提供する家のコストの大きさによります。低コスト建築であればある程度ノルマの数は多くなり、1ヶ月あたり約1棟のペースが求められます。高コスト建築であれば今度はある程度ノルマの数が少なくなり、2ヶ月あたり約1棟のペースが求められます。特に近年は不況の影響で低コスト建築が消費者から注目されているので、2ヶ月あたり約1棟のペースを意識するといいでしょう。ノルマさえ守っていれば、営業部門で年収1000万円行くことは容易いといっても過言ではありません。

それから勤続年数を増やすことは大切です。転職を繰り返した場合、昇給・昇進の機会がなくなるので、年収を順調に上げることができなくなります。特に営業部門は成立させた契約の数によって給与が上がる歩合制があるのですが、地位が高いほどその歩合率も高まるので、同じだけの成果を出したとしても収入が変わってきます。勤続年数が短くなりやすい住宅メーカーの業界で働くのであれば、必ずこのことを考えておかなくてはなりません。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.