技術職での住宅メーカー求人

住宅メーカー求人TOP >> 条件別の住宅メーカー求人 >> 技術職での住宅メーカー求人

技術職での住宅メーカー求人

住宅メーカーの職種の中でも、技術と呼ばれる施工や設計というような職種は、なくてはならない職種の1つになります。いくら有能な営業職が存在していても、顧客のニーズに応えることが出来ない専門職しかいないのであれば、住宅という莫大な金額が必要な商品を販売することは出来ないのです。せっかく営業職が獲得した顧客でも、施工担当がダメだとキャンセルやクーリングオフをされる可能性が高いということなのです。

施工担当は住宅メーカーにおける最後の砦のような存在です。営業職は契約を取るだけ。その後の顧客満足度をあげるのは、やはり施行担当者になるのです。基本的に建築の知識を顧客が有していることはありません。細かい例を挙げると、引き戸がいいのか押戸がいいのか、どっちの方法を選択すれば、生活に不便さを感じないのかといった知識は、顧客は有していないことが多いのです。これを提案することも、非常に大事なことなのです。

例えば、屋根の作り一つにしても、顧客というのは見た目やデザイン性というものを重要視します。しかしながら、東北などの雪国では平らな屋根は冬場に雪が積もってしまい、倒壊や疲労の原因になります。それを防ぐためには、雪かきといった作業が必要になります。しかしながら、ある程度の角度を付けておき、屋根にヒーター設備を施せば、こういった心配や手間はなくなることになるのです。

つまり、顧客は素人であり、実際に生活をする際の利便性よりも、見た目を重要視する傾向があるわけです。そして今現在の家族の状況しか考えていないのです。住宅というのは、生涯を過ごす場所ですから、若く当たり前に動くことが出来る現在の状況にプラスし、将来高齢者になった時のことも考えて設計、施行する必要があるということです。これに気が付けない顧客は多いのです。それをプロの目線からアドバイスし、提案してあげることも、施行担当者の役割といえるでしょう。

技術職の人間というのは、実際に生活をしていく上で、不便にならないような提案をしていく必要があるのです。こういった努力が顧客満足度の上昇を招く要因になるのですから。コンセントの位置がたった数センチ違っただけでも、過ごしやすさは変わりますし、電気のスイッチがどこにあるのか、引き戸か押戸なのか、インターフォンの対応がリビングのみなのか、その他の部屋でも出来るようにするのかでも、生活の不便さはまったく違ってくることになるのです。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.