地方勤務の住宅メーカー求人

住宅メーカー求人TOP >> 条件別の住宅メーカー求人 >> 地方勤務の住宅メーカー求人

地方勤務の住宅メーカー求人

住宅メーカーは客と直接話をする機会の多い業界です。その中で窓口ともいえる営業所での勤務は最前線と言えるでしょう。地方においてはこうした営業所での勤務が多くなります。プレハブ住宅などの場合には部品を作る工場も必要で、こうした住居の部品を作る工場勤務も地方勤務となることがあります。いずれにせよ、将来的には資格が必要となる仕事ですが、採用の際には有利になる程度で、必須の項目ではありません。住宅メーカーはそうした研修の機会も多いので、未経験の人でも採用の門戸は広くなります。

工場勤務の場合、福利厚生が充実しているかは確認しておくべき要素の一つです。地方であれば家賃などは安くなりますが、場合によっては寮などが用意されていることもあります。そうした面で条件が合えば、工場勤務は悪い仕事ではありません。住宅メーカーの場合、営業のノルマが問題になることが多いですが、そうした中で住居を扱うやりがいと自身の生活の上でバランスを持って働くことが出来ます。現場監督となった場合には、家を建てる仕事に最初から最後まで携わることになるでしょう。この際には、責任も大きくなるため、気力と体力を求められることになります。

営業職に就く場合、都心部と基本的にやることは変わりません。同様にノルマを課せられ、顧客と相談して家を建てるために動くこととなります。大きく違う点としては、地方の場合には現地の工務店が競合相手という形になります。工務店は地方の特色に特化して住居を提供しており、ノウハウには一日の長があります。その点で大手の住宅メーカーが後れを取ってしまうことは事実ですが、現場でそうした地方の特色を学び、顧客に提供できるという点で都心の仕事よりもやりがいはあると言えます。地方ならではの仕事なので、ネガティブにとらえず、自分の仕事に活かしていくと良い結果に結びつくはずです。

地方であっても住宅メーカーで行う仕事は、顧客が安心して使える家を提供することです。そうすることで、会社の信頼も上がり、自分自身の給料にも還元されていきます。地方で働く際に気を付けるべき点は、地方によって土地の気候などに特色があるということで、学びながら仕事に活かすことが求められます。住宅メーカーは実力主義の会社で、合う人にはやりやすく、合わない人には厳しい業界です。そこで成果を示していくことが出来れば、きっと実りある生活が得られることでしょう。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.