本社勤務の住宅メーカー求人

住宅メーカー求人TOP >> 条件別の住宅メーカー求人 >> 本社勤務の住宅メーカー求人

本社勤務の住宅メーカー求人

住宅メーカーの仕事において、客が最初に出会うのは営業です。しかし、会社は営業の人間のみで成り立つ仕事ではなく、会社を支えるために働く部門があります。住宅メーカーは衣食住という人の生活に関わる仕事です。そうした生活に関わる仕事につきたいけれど、営業の厳しさを聞いて自分に向いていないという方なら、そうした部門を目指すと良いでしょう。また、本社で設計などに関わる部門もあります。イメージが先行しがちですが、住宅メーカーの求職は幅広く存在するのです。

多くの場合、住宅メーカーでは営業の求人が見受けられます。しかし、事務や総務と言った仕事は、企業を支えるための大事な仕事ですから、正社員の求人を見かけたらチャンスと言えます。同じ正社員の求人でも、他業種での経験を持っていれば強力なアピールポイントになります。PCスキルや簿記の資格があると、こうした求人においては有利です。住宅メーカーに興味を持っているけど、営業職に不安があるのならこうした求人に応募してみるのが良いでしょう。休みは土日祝日を働く営業職に合わせて不規則になりがちですが、負担は少ないものになります。

少し意外な話ですが、設計職が本社に集められていることも珍しくありません。設計職は顧客を開拓するため、常に新しい設計やデザインを研究している部門です。しかし、そうした新しい方法が、現行の法律で可能なものとは限りませんし、何かの資格が必要な場合もあります。そうした際に法的な処理を行う事務職と連携が取れると仕事が早くなるということです。本社で設計部として働くメリットはそれだけではありません。過去のノウハウの共有が容易であったり、設計に集中できたりするというのが主なメリットです。理系の勉強をしており、設計の仕事を目指しているのなら、本社勤めの求人を探してみるのも良いでしょう。

住宅メーカーでは人と接することが多くなりますが、その中で本社勤務の場合には、顧客に直接会う機会は減るでしょう。良し悪しではありますが、それを苦手とする人であれば、あえて行わない形で仕事を探すのも悪くありません。設計職であっても、営業と兼任する形で行うことはあります。また、本社勤めを行うメリットとしては勤務地の多くが都心部になることも挙げられます。勤務地で仕事を選びたい人も、住宅メーカーの本社勤めであれば負担は少なくて済みます。自分のやりたい働き方にあった仕事を探していきましょう。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国




TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2018 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.