英語力が必要な住宅メーカー求人

住宅メーカー求人TOP >> 条件別の住宅メーカー求人 >> 英語力が必要な住宅メーカー求人

英語力が必要な住宅メーカー求人

現代は国際化の時代ですから、企業が海外に出ることも珍しくありません。そんな中、住宅メーカーにおいて、英語力を求められる状況はあまり多くありません。多くの場合で住宅メーカーは国内で仕事をすることになり、海外に進出することもあまりないからです。将来的にはともかく、現時点ではあまり英語力は必要とされていません。しかし、場合によっては必要とされる場面も存在します。住宅メーカーに転職する際、英語力を転職のアピールポイントにすることは不可能ではありません。

多くの場合、住宅メーカー勤務で相手にする客は日本人です。しかし、海外の方が客となるケースも存在します。そうした場合に英語での会話が出来ると出来ないのでは、大きく差が開いてしまいます。英会話自体は決して習得が難しいものではなく、海外の方が使うことも多い言語ですから、習得していることで客を得るチャンスになり得ますし、使えて損はしません。また、住宅展示場で働くことになると、より一層人と出会う機会が増えます。そうすると、海外の方に出会う回数も増えて来ますから、そこで客と話す機会を逃さないためにも英語力は役に立ちます。以上のように、面接などにおいても十分アピールポイントとなりうる点なのです。

そして、住宅メーカーにおいて英語力が求められるのは、営業職だけではありません。設計職においても、英語が求められる状況は存在します。設計職は、実際に家屋の設計を行う仕事です。現在のトレンドなどを分析し、客の望む家を設計することが求められますが、その中では海外の技術に触れることも珍しくありません。その際に、基礎的な英語も使えなければ、新しい技術を習得することが遅れてしまいます。当然、設計職についている人の中で英語力はまちまちですから、同じ海外の技術を学ぶ際に差が出てしまい、その差は成績の差に直結します。こうした差を作らないためにも、英語力は必要とされているのです。

このように、現時点において住宅メーカーにおいて英語力は重要視されていませんが、実際に英語力が求められる状況は存在します。そのため、基礎程度でも英語は身に着けておいた方が良いと言えるでしょう。面接の際には業界についての知識や興味も評価されます。そこで、英語力があるのなら面接で生かすことが出来るでしょう。英語力は関係ないからと思うよりも、このように業務へ使えるとアピールする人を採用側は探しているのです。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.