住宅メーカーの仕事内容

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーの転職の基礎 >> 住宅メーカーの仕事内容

住宅メーカーの仕事内容

住宅メーカーの仕事といっても、たった一つの職種ではなく、それぞれの職種が入り交じっているものです。住宅メーカーの主な職種をざっと紹介すると、設計や研究開発、施工、生産、設備、工事、営業、経営企画、総務、経理、人事といった職種が挙げられます。それぞれに役割があり、大手の住宅メーカーであればあるほどに、部門なども細かく分けられており、分業化していることが見られます。中小規模になれば、ある程度の分野に特化した企業という風に、部門ごとではなく、企業ごとにカラーが見られます。

細かい仕事内容になりますが、設計や研究開発の仕事の場合は、顧客のニーズをリサーチして、それに見合う住宅の設計を行うこと。他にもその時代に主流になっているような人気の住宅設計をリサーチして、それを設計に活かすといった仕事内容も存在します。また物件を新しく開発していったあり、法律関係の事務作業などが発生することも多いという職種になります。

次に施工ですが、これはみなさんのイメージがある通り、住宅を実際に建てるという仕事内容を担当しています。設計から上がってきた設計図を元に実際に現場で様々な施工を行っていきます。実際に建築にとりかかった場合、設計図通りにすることで、不具合が生じる場合には、設計担当者と打ち合わせをし、どういった施工をするのかの確認をすることも重要な仕事です。他にも顧客の考えが変わり、設計が途中で変更された場合にも、柔軟に対処する必要が出てくるため、適応力が問われる職種でもあるのです。

そして営業職です。実際に住宅メーカーの売上のほとんどを担っている重要な職種と言えるでしょう。住宅という商品は、はっきり言って一生に一度あるのかないのかというくらいに大きな金額の商品です。手軽に手に入れることが出来る消耗品などの営業とは違い、なかなかに購入までに導くことが難しい営業であるため、かなりのスキルを必要とされます。顧客に商品をただ売ろうとするのではなく、ライフプランを立てたり、将来の相談に乗ることや、土地に実際に案内をしたり、資産計画などのアドバイスなども求められます。

他にも上記で紹介したような人事や総務といった仕事は、住宅メーカー以外の業界と共通した特徴を持っている仕事になります。特に設計や施工の分野では、特殊な専門的知識やスキルが必要とされていることが多いですから、関連資格などを取得するなどの、事前努力が重要です。より詳しいものは、転職エージェントに相談をすれば手に入れることが出来るでしょう。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国




TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2018 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.