住宅メーカーの転勤

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーの転職の基礎 >> 住宅メーカーの転勤

住宅メーカーの転勤

住宅メーカーの営業マンは仕事がきつくて、また転勤も多いとの噂がありますが、その点はいろいろと誤解もある様です。まず大手の住宅メーカーであれば、勤務エリアの設定があるでしょう。全国展開をしている会社であれば、まず入社時に希望のエリア等に配属されます。

そして転勤を希望しない方は、基本的にそのエリアでの就業を継続する事が可能になっているものです。ただしそのエリアはかなり広範囲に設定されている場合が多いので、営業活動をする際の移動距離はかなり長くなる事もあり得ます。またエリア内での職場異動は割と頻繁にあるとも言います。例えば埼玉県の支店から千葉県へ支店へと移っていくといったケースはよく見られます。ですが、自宅を引っ越ししなければならないとか単身赴任をするレベルのモノではないでしょう。

また年に1度の配置換えの機会もあります。もし事情が出来て転勤を希望する事になれば、その時に全国エリアなどに申し込む事もできるでしょう。また非正規の雇用では、まず地域限定職を宛がわれるのが普通ですから、あまり転勤についての心配は無用だと言えます。そして地域密着の地方の住宅メーカーであれば、そもそも遠方への転勤はありません。もしかしたら他県にある他の支店への転勤があるかもしれませんが、決して自宅から通えない距離とはならないでしょうから、これも何とかなるのではないでしょうか。

転勤ではなく、部署異動になる可能性もあります。例えば新築営業を担当していた方が、営業成績の不振でオーナー向けリフォーム営業へ異動させられたり、設計部での仕事から新システムのための積算へ異動したりといった事はあり得ます。これらの異動は会社の経営状況や成長戦略に応じて行われるものです。営業職の場合の異動としては、支店内である展示場から別の展示場への異動などもよく見られますが、これは別に問題視する類の異動ではありません。職場のチームメートが変わるくらいで、本人のプレッシャーやストレスになる問題ではないと言えます。会社としては展示場ごとの営業力に格差が付いたり、業績の差が出たりして、販売力の低下を抑制する手段として講じるものですから快く引き受けると良いのです。

この様に住宅メーカーの職場では、能力に応じた配置換えは頻繁に行われる傾向にあります。しかし、それは社員の事情を配慮して行われるのが基本ですので、引っ越しや単身赴任を伴う転勤を要求された場合でも、しっかりと自分の立場を伝えて話し合う事で、良い解決を得る事は可能なはずです。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.