住宅メーカーを辞めたい時

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーの転職の基礎 >> 住宅メーカーを辞めたい時

住宅メーカーを辞めたい時

住宅メーカーは離職率の高い環境です。営業職であれば常にノルマに追われ、休日もカレンダー通りになることは多くありません。給料も低くは無いのですが、歩合によるところが多いため、安定しているとは言い難いところがあります。そうした場合、他業種を選ぶという選択肢は十分にあります。また、仕事そのものが性に合っていても、職場の環境が合わない場合もあるでしょう。仕事を続けるのが苦痛になる前に、会社を辞めるのはなにも間違った判断ではありません。

転職してからどうするかという点で思いとどまる人がいるかもしれませんが、そこについて思い悩む必要はありません。住宅メーカーで働いていた経験というのは、転職に当たって強力な武器になります。まず、別業種の営業職に進むというのなら、多くの場合において、住宅メーカーより負担は少ないです。住宅メーカーの営業職は他業種に使えるノウハウも多く、採用側にしてみるととても好意的に見られます。また、会社内のトラブルなどで問題があり、仕事自体は気に入っているという人も問題はありません。やはり、同じ業界の中での転職も前のキャリアを期待されるパターンが多いです。転職においては、それほど気にする必要はないでしょう。

むしろ、住宅メーカーから転職するにおいては、引き留めに合う可能性の方が高いです。先に書いた通り、住宅メーカーは離職率の高い環境ですから、辞職されては困るという会社が多くなっています。分かりやすい引き留めとしては、今まで厳しかった条件を緩和するというものがあるでしょう。ですが同じように、金銭的に圧力をかけることで辞職そのものを撤回させる場合も少なくありません。前者であったとしても、一度辞めると決めたのなら、初志貫徹する方が良いでしょう。後者であるのならなおさら、続けていても状況が良くなるはずはありません。直接の上司だけでなく同僚や、より上の上司、場合によっては労働局に相談して、対応しましょう。辞職に関するやり取りを録音しておくのも有効です。

すでに終身雇用は崩壊して久しいと言われています。一つの会社の中にいても、その世界しか知らず、幸せになれるとは限りません。そして、住宅メーカーは転職してもネガティブに思われることが少ない業界です。今の仕事が自分に合わないと感じたら、辞めることを恥じる必要はありません。仕事は自分のために行うものです。自分自身で将来を考えて、自分に合った仕事を探していきましょう。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.