住宅メーカーの離職率

住宅メーカー求人TOP >> 住宅メーカーの転職の基礎 >> 住宅メーカーの離職率

住宅メーカーの離職率

住宅メーカーに転職を決める前に、やはり多くの方が気になっているのは、その離職率というものではないでしょうか。基本的に他の業界とも共通している職種も存在していますし、専門職でも職人系が多い職種や、特殊な営業職など、それぞれによって違いがあるため、一概に離職率を一緒くたにすることは難しいものです。ここでは転職求人が多いとされている住宅メーカーの営業職の場合にスポットをあてて紹介していきましょう。

住宅メーカーの営業職には、どんな話題にでもついていくことが出来るコミュニケーション能力の高さが求められるものです。一般的な商品のように、消費者をある程度限定してターゲットにすることが難しい商品を扱っているため、幅広い知識や雑学などが必要になってきます。どんな人間とも会話を弾ませられるといった能力が求められますから、好奇心が高く、流行などにもアンテナを持ち、かつ古い話でもついていけるといった要素が必要になってくるのです。

特に展示会などの営業は非常に重要であり、住宅メーカーの営業職の主戦場とも言える場所になります。肝心の離職率についてですが、他の業界に比べ高いと言わざるを得ません。なぜならば、前述にもある通り、主戦場となっているのが、住宅展示会などが多いからです。住宅のような大きな買い物になると、家族全員の同意が必要になるため、休日である土日がもっとも営業を掛けるべき時間になるのです。つまりは土日や祝日が出勤日であることが常識のような業界だということです。

営業職ばかりでなく実際に施工をする職種に就いている場合にも、あまり土日は関係ないといった所が多いようです。こういったことから、特に若い年代を中心に、友人などとのスケジューリングが難しいといったこともあり、それがストレスになって転職を考えるといった方が多いようです。また、近年では家族サービスを中心に、仕事よりも家庭が第一と考える男女が多いことからも、こういった家族サービスをすることが難しいと思われる職種や業界は敬遠される傾向があるのです。

他にも離職率が高い理由としては、やはりなかなかに簡単に家を売るということが難しいからです。成績が思うように伸びない。だからこそ自信を喪失して、より商品が売りやすい業界へと転職をしてしまうというパターンが多いようなのです。しかしながら、成功をすればかなり高いやりがいを感じられることも覚えておきましょう。

住宅メーカーの求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職地域
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

住宅メーカーの転職の基礎

条件別の住宅メーカー求人

人気の住宅メーカーの採用情報

住宅メーカーのFAQ


Copyright (C) 2014-2017 住宅メーカー求人を探せ ※人気サイトランキング All Rights Reserved.